5.ウェブページを作ってみよう

第2回「具体的なページを作ってみよう」の5?9章です。

5.ウェブページを作ってみよう

5-1.「ウェブページ」と「ブログ記事」との違い

「ウェブページ」は、MT4になってから加わった機能です。つまりCMS強化されたときに生まれた機能で、CMS構築しやすくするための機能の一つとして考えます。

「ブログ記事」- 基本的には時系列に表示されるためのデータ
           ページの追加、更新としてWebコンテンツを成長させていく。

「ウェブページ」- 単独ページとして存在します。
            具体的には、Webサイトの基本情報、会社案内、特定商取引法など
            第1回で設定した「会社案内」「プライバシーポリシー」「お問合せ」

p005-2_02.gifわかりやすい図解として、MovableType.jp MTドキュメントのページの下方図を参考にしてください。


またウェブページは、カテゴリメニューの表示の制御が難しいため、ヘッダーメニューなどグローバルメニューとして設定されるメニューコンテンツを対象としても利用されます。


MT4以前では、カテゴリにすべてのメニューを割り当てていたため、カテゴリの制御が難しいことがありましたが、ウェブページと区分けすることで、カスタマイズ、デザイン設定などが柔軟に行えるようになりました。

そこで、会社案内、プライバシーポリシー、(特定商取引法)のページを作ることにします。


5-2.ウェブページの作成

1)メニュー「新規作成」?ウェブページ

タイトル:フォルダで設定した名前
 
フォルダ:フォルダで設定したフォルダ名を選択
  
公開-ファイル名:index

mt5-2.jpg
○「本文」「続き」の文字などの装飾について

MTの標準機能
 ・フォーマット - 「リッチテキスト」HTMLタグが反映されるモード(装飾モード)
 ・文字を選択し、上部アイコンをクリックすると適応される。

   可能な文字の装飾
     文字の大きさ、メールリンク、アンカーリンク、インデント、
     箇条書き、文字寄せ、画像挿入、ファイルの挿入、HTMLタグ表示

その他の装飾をしたい場合は・・・
 ・ソース表示(アイコン最右側<A>)に切り替えて、直接HTMLコードを記述
 ・ホームページ作成ソフトで作成したレイアウトのHTMLソースをコピーし、ソースコードを貼りつけ。
 ・cssコードの設定

16-security-key.pngtips:その3 :便利なプラグイン
   MT用のWYSIWYGエディタ FCKeditor(作:蒲生 トシヒロさん)
   ブログ記事の加工(文字色、表組みなど)ができるツール
   


このページのトップへ▲

このブログ記事について

このページは、taskmotherが2009年11月11日 11:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「6.テンプレートの構成を理解しよう」です。

次のブログ記事は「4.第2回講座までの宿題!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。