1.ショップ(サービス)のメニューを設定しよう

1-1.サンプルショップのサイトマップ

このような構造のサイトをサンプルとして作成する。

sitemap-mt.jpg
1-2.アーカイブテンプレートのパス設定

1) アーカイブマッピングの変更

上記のサイトマップ構造になるようなファイルを生成するように、パスを設定する。

デザイン>「テンプレート」>アーカイブマッピング
・ カテゴリ別ブログ記事リスト 
     category/sub-category/index.html

・ ブログ記事
     category/sub-category/entry-base.html

mt1-12.jpg
2)保存後、テンプレート一覧でアーカイブパスの確認

  アーカイブパスと公開(スタティック)表示を必ず確認!

   16-message-warn.png「確認」-「保存」の順序で行うと、「公開」の選択が
   「スタティック(既定)」が「公開しない」になっている場合がある。
   (MT4.2のバグ?注意!!)

1-3.メニューをカテゴリに登録

1)メニュー「一覧」カテゴリを選択

mt1-131.jpg
 2)「トップカテゴリを作成」をクリックすると、入力フォームが表示

 以下のカテゴリを入力フォームの表にそって入力する。
ex)<100> の半角記号数字を頭にいれる → カテゴリ表示順番のコントロール

2)入力フォーム 表示名 3)出力フォルダ名
<100>新着情報 新着情報 news
<200>プレスリリース プレスリリース press
<300>商品とサービス 商品とサービス products
<400>お客様の声 お客様の声 voice
<500>店長ブログ 店長ブログ blog
<600>アクセス アクセス access

 

mt1-132.jpg
3)カテゴリ一覧から、各カテゴリ名をクリックし、出力フォルダ名を設定する

出力フォルダには、すでにMTが自動で設定した名前がはいっているので、
フォーム右横の鍵マークをクリックして、入力可能にしてから、表の名前を入れる。

m001_11.gif出力フォルダ名:半角英数字のみ入力可能

m001_11.gif同じくファイルのアップロードのファイル名も半角英数字のみアップロード可能

mt1-133.jpg
4)サブカテゴリの作成

「商品とサービス」にサブカテゴリを作成
「商品とサービス」行の 新規作成 をクリック
トップカテゴリと同じ要領で入力していく

 

2)入力フォーム 表示名 3)出力フォルダ名
<100>新着情報 新着情報 news
<200>プレスリリース プレスリリース press
 <310>Aグループ  Aグループ  a-group
 <320>Bグループ  Bグループ  b-group
 <350>Cグループ  Cグループ  c-group
<400>お客様の声 お客様の声 voice
<500>店長ブログ 店長ブログ blog
<600>アクセス アクセス access

 5)トップページの再構築

カテゴリが、サイドメニューに表示されたことを確認する。
数字が表示されているが、第2回実習で表示しないようにする。


 16-security-key.pngtips:その1:便利なプラグイン
 カテゴとフォルダを並べるプラグイン(作:藤本壱、フリー)
 
 これを利用すると、頭に数字をつけるというコントロールの必要がなくなる。

1-4.フォルダの登録

1) メニュー「一覧」フォルダを選択

 2)「トップレベルフォルダを作成」をクリックすると、入力フォームが表示

以下のフォルダを入力フォームの表にそって入力する。

2)入力フォーム 表示名 3)出力フォルダ名
<100>会社案内 会社案内 policy
<200>プライバシーポリシー プライバシーポリシー profile
<300>お問合せ お問合せ inquiry

3)フォルダ一覧から、各フォルダ名をクリックし、パスを設定する

 
mt1-134.jpg4)トップページの再構築
 サイドメニュー「ウェブページ」に表示される。
 
mt1-135.jpg

このページのトップへ▲

このブログ記事について

このページは、taskmotherが2009年11月15日 18:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2.ショップのコンテンツを作ろう 」です。

次のブログ記事は「0.インストール設定の確認」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。